ダイエット、冬の体調管理はどうする?毎日でなくとも継続が一番です

スポンサーリンク

こんにちは!高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。

今日は

「ダイエット、冬の体調管理はどうする?毎日でなくとも継続が一番です」

について私なりの感想を書いてみたいと思います。

ダイエット、冬の体調管理はどうする?毎日でなくとも続ける意志が大切

冬は体調があんていせず寒い時って苦手な人には本当に
困ってしまいますよね。

寒い冬の体調不良の解決策を見つけるのって本能に大変ですよね。

そんな冬の体調不良は大変ですがこんな考え方でグッと
理解することがかんたんになりますす。

毎日ダイエットに取り組む事は大変です。
頑張って毎日のある程度の継続の努力はしてみる必要はあります。

でも本当に大切なのは毎日取り組むことよりも全く辞めてしまわない。
辞めてしまわなければ完璧ではなくとも続いているということですね。

最近ダイエットしています。

ダイエットしていますといってもかっこよくなりたいからではありません。
身体がすごく重たくなってきたからです

12月ごろは気持ちが沈み極端に太っていることが明らかになりました。

命の危険を感じたからです。
私は生まれつきの中で走ることができません。

だからといって有酸素運動ができません。
運動ができないからしない。

というわけにはいきませんよね。

私は歩くことにしています。

本当にできるができない人に観えるようです。
そしてそれはそのイメージを私自身が怖くて本当に身体がすくむ。

出来ないイメージを受け入れてしまうと身体も精神もすくんでしまい
何もできないのです。

急に寒くなると歩きにくい体調になってしまうと歩きにくいですが
冬は気候的に歩ける状態なら気付きやすいことがあります。

それは、どういう事か?

というと何かを劇的に変えようとすると、

「一歩一歩」歩くしかない。

ということです。

ダイエット、冬の体調管理はどうする?毎日でなくともいいんです

左足と右足の力の強さが違うので足の強い、弱いの差が私の場合大きいです。

足の使い方が左右の力が違う場合はバランスを取る事を
心がける方が良いです。

どうすれば右足と、左足の力のバランスを取るトレーニングに
一番いいトレーニングが出来るのか?

私が思うにゆっくり歩くことです。

私の様な右の足と左の足の強さが違う場合歩くことが一番のバランスが
取れるトレーニングだと思います。

気温が急激に低くなる冬気温に負けて寝込むことになりました。
人が弱い気候が急変する冬には弱いですね。

右足を鍛えるために右足に最適な負荷がかかるように歩きたかったがと
熊本市という日本ではある程度南国と呼ばれるその地域です。

その熊本という暖かいはずの地域で冬にこのような目に合うとは思いませんでした。

これには驚きました。

何故か?

いろんな環境がそろった場所でさえも生活は困難になりかねないからです。


ダイエット、冬の体調管理はどうする?毎日でなくとも諦めないことが大切

そして毎日歩くことができないという話は以前書きましたが日本の私の
地元での生活のリズムすら崩れがちになっていたんです。

困惑する時はリズムが崩れるときは人の心は折れやすいものです。

しかし崩れてそれでも生活のリズムををまた再開すしなければなりません。

そういう力は大切だと考えられており有名な心理学者、ミルトン=エリクソンから
「立ち直る力」レジリエンスと呼ばれて大切なものだとされています。

物の考え方の鬱屈として病気の様になりかけるようなときは気候の上がり下がりは
どういう体調を招くか計りかねています。

気候変動の効果をはかりかねている時はあまりいい状態ではありません。

私の場合で言えば0か100かという思考になりがちです。

しかし冷静になって考えてみると人間が100%を実現し続けることはで愛子とはわかります。

みんなが言っていることですから間違いではことでしょうが毎日の積み重ねとか
継続こそ力という言葉が非常に真実味を持ちますね。

日本人の気質に合うのか皆さんが毎日の積み重ねを非常に大切に考えている節があります。

あなたもそう思われていますか?

でも人間は100%実現し続けることはできないという事実があります。

実は一般的に日本人好まれる継続こそ力という価値感は間違いではありません。
しかし、方法はそれだけではありません。

確かに毎日積み重ねが出来れば結果が出るのは早くなるでしょう。

しかしダイエットを結果を出すとき継続は力であることも事実でしょう。

結果を出そうと思ったら継続よりも立ち直る力の方が重要だと私は思います。

ではなぜなら、ダイエットを机の上でしか捉えない人は摂取するカロリーよりも
使うカロリーが多ければ痩せるという非常にシンプルな計算がわからなくなります。

ダイエットの専門家はダイエットでは消費するカロリーが摂取する成り立つことを
ことさらに主張します。

摂取するカロリーよりも消費する少なくするカロリーを多くするということを
実際やることがポイントです。

継続してやることわ簡単な事ではありません。

大きなテーマは 挫折してしまうような難しいことです。

簡単な事ではありません

。正常な判断ができない時には簡単に諦めてしまう。

スポンサーリンク

最後に

それでは、いかがでしたか?
ダイエット、冬の体調管理はどうする?毎日でなくとも継続が一番です
についてのまとました。
にぜひご参考にしてみて下さい 。

タイトルとURLをコピーしました