英語の学習法のスケジュールの立て方のベースはあなたの目的別に作る

スポンサーリンク

こんにちは!おげんきですか?高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。

今日は

「英語の学習法のスケジュールの立て方のベースはあなたの目的別に作る」

について私なりの感想を書いてみたいと思います。

英語の学習法のスケジュールの立て方の基礎を考える

英語の学習法が1年などの長期で勉強するときって
よく考え立て直すことが大切です。

そんな長期の学習計画もこんな試行錯誤でグッと
試行錯誤を繰り返せば繰り返すほど正解を見つけやすくなります。

さてリーディング優先で発音が必要で資格試験を目指していて重要度が、
高い場合を考えてみましょう。

私がお勧めするオススメのプランはこうです。

屋内ではテキストをもし用いて集中して学習します。
屋外ではスマホや携帯プレーヤでながら学習する2本立てにします。

を用いて集中的に学習して屋外では携帯用プレイヤー、スマホなどを、
ながら学習する二本立てで行います。

屋内の集中した学習を意識した学習をします。

1ヵ月目は中学英語に取り組みます。

2ヶ月目は基本3000語

3ヶ月目はプラス3000語

4ヶ月目は直読直解

5ヶ月目は高校文法

6ヶ月目は構文

7ヶ月目は発音

8ヶ月目は復習

9ヶ月目は語彙の上乗せ、多読

10ヶ月目は復習

11ヶ月目は語彙の上乗せ、多読

12ヶ月目は復習

英語の学習法のスケジュールの立て方をリーディングメインで考える

8ヶ月目に復習をし今後の計画を見直します。
今後もリーディングを優先する場合は語彙を上乗せして覚えていきましょう。

英字新聞を読みたい人は時事単語集を覚えペーパーバックを読みたい人は
中上級の一般単語を覚えましょう。

多読を取り入れるのも有効です。ペーパーバックや雑誌など読みたいものに
チャレンジしてもいいし資格試験の長文を読んでもいいです。

リーディングの記事も書きますので参照してください。
そして復讐は定期的に繰り返してください

屋外でのながら学習は

1ヵ月目は音声テキストの発音記号に関するページを軽く読んでおくとともに
音源を常に聞き流す。

2ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源

3ヶ月目は1ヵ月目と同じ

4ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源

5ヶ月目は1ヵ月目と同じ

6ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源

7ヶ月目は1ヵ月目と同じ

8ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源

9ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源あるいは屋内での集中学習に新しい単語集を
     取り入れた場合はその単語集の音源

10ヶ月目は1ヵ月目と同じ

11ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源あるいは屋内での集中学習に新しい単語集を
     取り入れた場合はその単語集の音源

12ヶ月目は1ヵ月目と同じ

英語の学習法のスケジュールの立て方の1年間の聞き流し/h3>
屋外のながら学習で聞き流す音源のメインは発音テキストの発音記号に関するページです。
屋内のモデルプランを見ればわかるとおり発音を集中してトレーニングするのは7ヶ月目からです。

なるべく早めに下準備しておくんです。

下準備ですがら聞き取れなくても気にする必要はありません。

しかし頭ではどんな英語が流れているのか認識できていると効率的です。
そのため1ヶ月目からテキストの該当ページを流し読みしておきましょう。

発音テキストの音源だけを半年から1年位で話していても構わないですが資格試験を目指すのであれば
飽きないように交互を聞いても良いでしょう。

9ヶ月目に入って屋内で単語集などを新しく学習している場合はその単語集の音源でも構いません。

常に音源を再生して耳に流しておき疲れている時は本当に流してるだけ、余裕があれば意識を集中し
さらに余裕があればご飯に出しているといった具合に柔軟に取り組んでください。

屋内と屋外でキッチリと学習すればこれだけで英検2級から英検準1級TOEIC700前後の
スコアまでは到達します。

これまで書いた学習期間はあくまで目安です。

急ぐ方は学習を短期集中で取り組み1年を半年程度に短縮することが可能です。

この勉強方法がベースになるのでこのメニューを応用していろんな点に重心を移した
勉強法にすることができます。

英語から長い期間離れていた社会人の方は中学文法などの基本を徹底的に繰り返して
下さい。

基本ができていればできているほど高度な文章を扱えるようになりますので中学文法や
基本の3000語を完ぺきにすることです。

リーディングは難度の高い英文も徐々に読めるようになります。
ヒアリングも最初級の簡単な英文を聞き流すことで耳が慣れてきます。

スポンサーリンク

最後に

英語の学習法が1年などの長期で勉強するときって試行錯誤を
繰り返して正解にたどり着くことが重要です。

手間がかかるようですが、中学の英語文法や長文など完璧に
習得することが大切です。

それでは、いかがでしたか?
英語の学習法のスケジュールの立て方のベースはあなたの目的別に作る
についてのまとました。
にぜひご参考にしてみて下さい 。

P:Point ⇒ 結論・ポイント

R:Reason ⇒ 理由

E:Example ⇒ 具体例

P:Point ⇒ 再度、結論・ポイント

さてリーディング優先で発音が必要で資格試験を目指していて重要度が、
高い場合を考えてみましょう。

私がお勧めするオススメのプランはこうです。

屋内ではテキストをもし用いて集中して学習します。
屋外ではスマホや携帯プレーヤでながら学習する2本立てにします。

を用いて集中的に学習して屋外では携帯用プレイヤー、スマホなどを、
ながら学習する二本立てで行います。

屋内の集中した学習を意識した学習をします。

1ヵ月目は中学英語に取り組みます。

2ヶ月目は基本3000語

3ヶ月目はプラス3000語

4ヶ月目は直読直解

5ヶ月目は高校文法

6ヶ月目は構文

7ヶ月目は発音

8ヶ月目は復習

9ヶ月目は語彙の上乗せ、多読

10ヶ月目は復習

11ヶ月目は語彙の上乗せ、多読

12ヶ月目は復習

8ヶ月目に復習をし今後の計画を見直します。
今後もリーディングを優先する場合は語彙を上乗せして覚えていきましょう。

英字新聞を読みたい人は時事単語集を覚えペーパーバックを読みたい人は
中上級の一般単語を覚えましょう。

多読を取り入れるのも有効です。ペーパーバックや雑誌など読みたいものに
チャレンジしてもいいし資格試験の長文を読んでもいいです。

リーディングの記事も書きますので参照してください。
そして復讐は定期的に繰り返してください

屋外でのながら学習は

1ヵ月目は音声テキストの発音記号に関するページを軽く読んでおくとともに
音源を常に聞き流す。

2ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源

3ヶ月目は1ヵ月目と同じ

4ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源

5ヶ月目は1ヵ月目と同じ

6ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源

7ヶ月目は1ヵ月目と同じ

8ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源

9ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源あるいは屋内での集中学習に新しい単語集を
     取り入れた場合はその単語集の音源

10ヶ月目は1ヵ月目と同じ

11ヶ月目は1ヵ月目と同じか資格試験の音源あるいは屋内での集中学習に新しい単語集を
     取り入れた場合はその単語集の音源

12ヶ月目は1ヵ月目と同じ

屋外のながら学習で聞き流す音源のメインは発音テキストの発音記号に関するページです。
屋内のモデルプランを見ればわかるとおり発音を集中してトレーニングするのは7ヶ月目からです。

なるべく早めに下準備しておくんです。

下準備ですがら聞き取れなくても気にする必要はありません。

しかし頭ではどんな英語が流れているのか認識できていると効率的です。
そのため1ヶ月目からテキストの該当ページを流し読みしておきましょう。

発音テキストの音源だけを半年から1年位で話していても構わないですが資格試験を目指すのであれば
飽きないように交互を聞いても良いでしょう。

9ヶ月目に入って屋内で単語集などを新しく学習している場合はその単語集の音源でも構いません。

常に音源を再生して耳に流しておき疲れている時は本当に流してるだけ、余裕があれば意識を集中し
さらに余裕があればご飯に出しているといった具合に柔軟に取り組んでください。

屋内と屋外でキッチリと学習すればこれだけで英検2級から英検準1級TOEIC700前後の
スコアまでは到達します。

これまで書いた学習期間はあくまで目安です。

急ぐ方は学習を短期集中で取り組み1年を半年程度に短縮することが可能です。

この勉強方法がベースになるのでこのメニューを応用していろんな点に重心を移した
勉強法にすることができます。

英語から長い期間離れていた社会人の方は中学文法などの基本を徹底的に繰り返して
下さい。

基本ができていればできているほど高度な文章を扱えるようになりますので中学文法や
基本の3000語を完ぺきにすることです。

リーディングは難度の高い英文も徐々に読めるようになります。
ヒアリングも最初級の簡単な英文を聞き流すことで耳が慣れてきます。

タイトルとURLをコピーしました