時間を作って英語に取り組む態度、あなたが英語はマスターするコツ!

スポンサーリンク

こんにちは!みんな家にいましょう、高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。

今日は

「時間を作って英語に取り組む態度、あなたが英語はマスターするコツ!」

について私なりの感想を書いてみたいと思います。

時間を作って英語に取り組む態度、英語を頑張っているあなたへ

英語学習の時間の作り方が、難しいと感じるときって
よくありますよね。

そんな厳しい条件もこんな視点で取り組むことでグッと
解決策を見つけやすくなります。

英語の学習で一番といってもいい重要な事柄を解説します。
それは時間の管理の仕方についてなので書きたいと思います。

「ながら学習」や「すきま時間」の活用とまとまった時間の確保について、
書きたいと思います。

時間の捻出する方法として「ながら学習」や「すきま時間」の活用は欠かせません。

ただし、「ながら学習」や「すきま時間」の活用は充分に時間を
確保できない場合の苦肉の策です。

まとまった時間に集中して学習するよりも効率は落ちてしまいます。

効率が落ちてしまうのは当然の事のようですが「ながら学習」や
「すきま時間」を活用しているとポジティブな気分になれる。

からか「時間を有効に活用できている」という錯覚に陥りがちです。

時間を作って英語に取り組む態度、勘違いをして労力を無駄にしないで

そして、

「あんなに頑張って学習したのに効果が出ない」

と嘆く方が多いようです。

英御が上達したいなら必ず意識すべき点の一つは「ながら学習」や
「すきま時間」での学習だけでは圧倒的に時間が足りないということ。

時間的に不十分だという事を忘れないことです。

とはいえ、

「効率が良くないのなら、「ながら学習」や「すきま時間」の活用は
あきらめよう。

その代わり、まとまった時間に集中して学習する」

というのも良策とはいえないと思います。

繰り返しになりますが、一日中英語だけに取り組んでいればよい。
といった恵まれた環境にあなたがいたとしても問題は解決しません。

一日中英語漬けの生活を7年間送る事が出来てもネイティブの小学一年生と
同じ程度英語に接したに過ぎないのです。

経験を効率的に積まなければ英語は上達しないということを前提に英語の
学習を効率的な学習手順で進めていけば上手に学習できます。

先に書いたように労働するためには現状と目標のギャップを認識して段階的に
埋めていくということが必要です。

このブログではギャップを認識するためのノートをして作っていただいた理由は
だれも具体的に示したりと誰もが上手に学習できるよう行動してつもりだからです。

しかしもう一つの時間をかけることについては皆さんの方で意識することが必要です。
英語学習に時間が必要な事いわれなくてもわかっているけれど現実に忙しい。

時間が取れないからこそ効率的な学習法を求めているのであってそんな状況で時間を
かけろといわれても、

「はい、そうですかとは答えられないよ」

そんな声が聞こえてきそうです

この気持ちはよくわかります。


時間を作って英語に取り組む態度、あなたに伝えたいのはたった一つ

けれどあえて書いておきます。

本当に時間を捻出できないですか?

本気の本気で捻出しようと思えばまだまだ検討できるのではないでしょうか?

あなたはこういうかもしれません。

それはそうかもしれないけどそういう気持ちになれないという人のために気持ちの
整理をつけるために質問をさせてください。

本気で時間をの基準にして学習を続けた場合どちらあなたはは気持ちよさそうですか?

ネイティブの1年生の英語に接する時間片言で話せるようになるまで本気で時間を
捻出していない方は何も教養あるネイティブ並みになろうと言うのではないのです。

本気で時間を捻出し学習しなくても片言で話せる程度にはなるだろう
と思っているかもしれません。

では片言で話せるようになるまでのネイティブはどれくらい英語に接しているのでしょうか?

ここで繰り返しますね。

小学校一年生位つまり7歳位を例にとりましょう。

一日じゅう、かなりの時間を家族から英語で話しかけられ、テレビから英語を浴びたりしています。
少なくとも起きている時間の半分つまり十二時間は英語を浴び続けなければならないと思われます。

それを毎日続けて7年間経過したのがネイティブの1年生ということになります皆さんが求めているのは
当然1年生の英語力ではなくそれよりずっと高度な英語力でですよね。

しかしその小学生1年生は7年間少なくとも毎日7時間英語にしたしてきているのです。

時間の配分をあなたご自身が工夫して使い効率を突き詰めてください。

スポンサーリンク

最後に

もちろん直接的な比較はできませんが普通にのテキストを用いて英語を系統的に学習したとしても
片言で話せる程度になるまでに相当の時間が必要だと言う事は想像に難くないと思います。

時間の目安をちゃんと把握ながらに英語の学習時間の「ながら学習」や「すきま時間」の活用と
まとまった時間の確保したり時間を捻出する方法を併用して学習の継続をしていきましょう。

それでは、いかがでしたか?
時間を作って英語に取り組む態度、あなたが英語はマスターするコツ!
についてのまとました。
にぜひご参考にしてみて下さい 。

タイトルとURLをコピーしました