英語の学習法のコツとは?学習法の良し悪しの前に意識することとは?

スポンサーリンク

こんにちは!みんなお元気ですか?高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。

今日は

「英語の学習法のコツとは?学習法の良し悪しの前に意識することとは?」

について私なりの意見を書いてみたいと思います。

英語の学習法のコツとは?学習は先手必勝?

英語の学習がうまくいくときって特定の気を付けるべき
条件がありますね。

そんな特定の気を付けるべき条件もこんな条件だと知ればでグッと
理解しやすくなります。

英語の学習はロケットスタートして短期で上達し学習を楽しむのに
変えてしまう必要があります。

趣味やデートの楽しみの時間であれば捻出できるものです。
なので英語も楽しみに変えれば学習時間を捻出しやすくなるはずです。

どうやって楽しみに変えるのかを考えてみましょう。

それはずばりあなたの短期で英語の実力を一定のレベルまで引き上げるのです。

大切なことなのでもう一度書きますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

短期で英語の実力を一定のレベルまで達してしまうのです。

英語の学習法のコツとは?学習は勢いが大切、いい循環を生むコツ

習い事には

「そこを越えると楽しくなる」

という一線があります。

自転車で言えば乗れるようになったときですね。

水泳で言えば息継ぎができるようになったとき、といった具合です。

英語でいえば日本語を訳さなくても理解できるようになったや単語集とか
問題集を、初めて1冊終えたときなどです。

その一線を早く越えないと、

「練習しても面白くないのでますます練習時間が少なくなってしまい上達が遅くなる」

という悪循環になるし、早く越えてしまえば

「練習が面白いので、ますます上達していく」

という好循環がになります。

英語もロケットスタートをかけてある程度上達しましょう。

英語の学習を楽しいものに変えてしまえば学習時間を作り出すことが苦痛ではなくなります。
効率的な英語の勉強法についてはこれからブログに記事を上げていきます。

あなたも頑張ってついてきてくだされば効果は上がります。

次に用事が控えているわけでもないのになんとなく1~2時間の
学習を切り上げる人がいます。

しかし英語学習はスポーツのように肉体疲労はありません。
後に用事がなければどれだけ続けて学習して下さい。

ながら学習やスキマ時間の活用は必須ですがまとまった時間に
集中して学習する方がより重要です。

教材をコロコロ変えないことが重要です。

テキストや音源を切りかえる瞬間、数秒にせよ無駄な手間がかかります。
少しの間でも時間は無駄にしたくはありません。

それに同じものを繰り返す方が力が付くことになります。

英語の学習法はシンプルにしておくことは大切です。

スキマ時間ができてから

「何を勉強しようかな」

と迷うようではスキマ時間はいつの間にか消え去ってしまいます。

スキマ時間を見つけてからスマホなどの器具を操作して再生するのではなく
外出中は常に英語を再生しておき英語を流しておきます。

迷わずにすむように学習法をシンプルにしておきましょう。

「ここ1か月はスキマ時間ができたら英語に耳を傾けよう。耳が疲れたら、代わりに
 単語集をやろう」

というようにです。

家事などのスキマ時間を見つけてからスマホや携帯プレーヤーを操作して再生するので
はなく常に英語を再生して耳に流しておきます。

確かにスキマ時間を見つけるたびにスマホや携帯用のプレーヤーを操作するの面倒です。

そこで発想を変えて来週に既に外出のみをオンにしておいてイヤホンから音に耳に
英語を流しておくのです。

読書の時は聞き流すことにしておくとよいでしょう。

スキマ時間ができたときにのみに意識を集中するながら学習やスキマ時間を活用する学習は
せかせかしていては自に合わないという印象を持った人は多いようです。

確かにすきま時間を見つけるスマホを操作するのは面倒ですところで発想変えて外出は常に
オンにしてイヤホンから耳に英語を流しておくとよいでしょう。

朝家から会社に着くまでと夜会社を出てから家に着くまで常に英語を流しておきます。

スマホや電子辞書や単語集をポケットに常に携帯しておくとよい。

英語を聞き流しながら状況に応じて耳への集中度を調整してください。

広い安全の歩道歩くときには英語に集中して横断歩道を渡るときには英語には集中しない。

といった要領です。

これならセカセカする必要はありません。

ただ歩きスマホはしないように気を付けてください。

外出時にはスマホや携帯プレーヤーで聞いていて、耳が疲れたり、騒音で
聞こえにくい時にはテキストの学習に切り替えます。

ポケットに単語集や電子辞書なども携帯しておけば切り替えは瞬時にできます。

カバンの中に入れてしまうと学習の習慣が定着していない人の場合には教材を
取り出すのが億劫でサボリがちになりがちです

英語学習ではいくら時間を確保しても充分と言う事は無いということを思い出してください。

それでこうして読むと大変そうな事でもやってみれば大した事はないのです。

「一日中流している英語の集中する」

というのですが大変な苦行ですが集中するのではなく流すだけです。

スポンサーリンク

最後に

楽しく学ぶ英語はいくらやっても疲れませんし手間もかかりません。
これらをあくまで参考として下さい。

あなたの納得したものを取り入れて後は各自で工夫して学習を続けてください

それでは、いかがでしたか?
英語の学習法のコツとは?学習法の良し悪しの前に意識することとは?
についてのまとました。
にぜひご参考にしてみて下さい 。

タイトルとURLをコピーしました