易の雷山小過の卦の意味、恋愛、結婚の解釈とは?無理が出来ない状態


こんにちは!高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。

今日は

「易の雷山小過の卦の意味、恋愛、結婚の解釈とは?無理が出来ない状態」

について私なりの感想を書いてみたいと思います。

易の雷山小過の卦の意味、恋愛、結婚の解釈とは?無理をしないことが大事

易の雷山小過の卦が、出たときって
自重が要求されます。

そんな易の雷山小過の卦もこんな視点でグッと
活かしやすくなります。

今日は「雷山小過」の卦に関する解説です。

背を向けた二人という分かり合えない関係が
「雷山小過」の卦のイメージですね。

「過酷」は厳しすぎる「過剰」はあり余り
すぎるという意味ですね。

過食は食べ過ぎるという意味ですし
「小過」は少なすぎるということです。

「~すぎる」など全て限度を超えたことが
でしょう。

だから日常のことにも高慢な態度をとる
より謙虚な態度をを守る。

その方がより効果的です。

何事の用心して敬いすぎるぐらい敬うほどで
なければいけません。

相手を尊敬し約束の時間より早すぎる
くらい急いで到着する。

時にはケチといわれるくらい節税してこそ
すべてのミスがないときです。

雷山小過の卦は度を越した行動が災害を
まねく事になります。

自分の実力のものをを望む自分の事が
ありがちです。

とてもあなたの実力以上のもとても力の及ばない相手と
争ったりして破綻を生じる時なのです。

昔の人はこの卦は「門前にあること」いって
災いを避けるように努めていました。

現在のあなたは時期を失っている時です。

また事業面でも過失をしていることもあるとき。

恋愛はもとは熱烈に愛し合う恋人だったのに
現在は仲違いをしている状態です。

おたがいがあまりに自己を主張しすぎるからです。

夫婦間でもおたがいが生活や家庭に家庭の問題で
悩みが多く、背中合わせになっています。

形を見ればわかるでしょう。

精神的に既に溶け合わない状態です。

スポンサーリンク

いつも引用させていただいている先生の占例です。

岸内閣時代、社会党内部にゴタゴタしている西尾末広氏の
今後の社会党における立場を問われました。

このときの西尾氏は党内では微妙な立場にありました。

この時に出たのは「雷山小過」でした。

「これはお互いが背中合わせという意味です。

今回党内の勢力は二分されて摩擦を起こしている時ですね。

社会党に長くとどまれない時という意味ですから
今年中に脱党するでしょう」

「では、新党を作るつもりでしょうか」

新党結成を占って「火天大有」が出ました。

「これは天上に輝ける火ということですから、
スローガンを掲げるということです。

きっと彼は希望に燃えて新しい自分の道を開く
でしょう」

やはりその年のうちに脱党し、翌年の二月に
新党を作りました。

私がこのことを占ったのはは罪九月二十三日でした。

しかし、その後の民社党も勢力の伸びが思わしくないのは
新党結成が度を起こした行動だったからでしょう。

スポンサーリンク

易の雷山小過の卦の意味、恋愛、結婚の解釈とは?謙虚に無理をせずにいる

物言えば唇寒し秋の風とか、雉も鳴かずば撃たれま
じきにといういう言葉があります。

この卦が教える身を引いて謙虚になれというところが
大きいところなのです。

動きそうで動かずこの時にこういう卦というか
雷山小過の卦のシュチュエ―ションがあること。

その状態を知っていれば無駄にあがいて
こじらせることにはならないでしょう。

これは知っているかいないかだけの違いですね。

降りそうで降らない憂鬱な空模様で雷も遠くから
鳴りをしている。

いらだって雨ごいでもしたくなる。
しかし無駄に終わる。

万事積極的な事は無理ですが消極的な事に縮こまらずに
少しオーバーに行動を起こす。

そのぐらいでもちょうどいいという教訓も付いてきます。

一方、君子は行動は少しうやうやしすぎるぐらいに、葬式では
少し哀しみ過ぎるぐらいに消費は少しケチな位にと「原典」にあります。

何事も無理のある時ですから昇るのはよくありません。

この卦の無理がひどくなります。

負担が少なくなるように降りることを心がけましょう。

引っ越しは家賃の安い所へ、受験は第二脂肪を本命に、結婚も少し
条件をゆるくして考えましょう。

最後に

易の雷山小過の卦の意味、恋愛、結婚の解釈とは無理せず謙虚に
ということでしょう。

若さや力技だけで乗り切れない局面というものがあります。

それでは、いかがでしたか?
易の雷山小過の卦の意味、恋愛、結婚の解釈とは?無理が出来ない状態
についてのまとました。
にぜひご参考にしてみて下さい 。

最後まで、
読んでいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする