英語の学習法!リーディングについて考えて見る3つの要素とは?

スポンサーリンク

こんにちは!みんな家にいましょう、高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。

今日は

「英語の学習法!リーディングについて考えて見る3つの要素とは?」

について私なりの感想を書いてみたいと思います。

英語の学習法!リーディングについて考えて見ると3つの要素とは?

リーディングの3つの要素とは単語、発音、直読直解です。

英語のリーディングを学ぶときってどこに力を入れればよいのか?
分かれば勉強がスムーズになりますよね。

そんな英語のリーディングもこんな視点でグッと効率的に
学びやすく理解しやすくなります。

英語を英語を学ぶことの副産物として、なりたい自分に近づける。
ということがあるので目標を英語の目標以外の定めておくとよいと思います。

あなたの目標を総合的に設定しておくことで英語の上達の中で
英語以外の他のことも力がついていきやすいものです。

その目標に適した学習プランを作成しまず。

目標を具体的に書き出して繰り返しますが目標と現状のギャップを把握して現在の
状況と目標を埋めていくということが上達するということです。

漫然と英語を上達しないと思うよりTOEICで700円を突破したFacebookやTwitterに
書き込みをしたい流暢でなくても良いから正確に自分の意見を伝えられるようになりたい。

など目標が具体的の方がギャップも把握しやすく今やるべきことが明確になります。

英語の学習者の多くの学習者がこうなりたいと思うで思うようになります。

英語の学習法!リーディングについて力を付けるあなたの目的とは?

スピーキング、リーディング、リスニング、ライティングの4分野の英を力を
得てあなたは何をやりたいと思っているでしょうか?

あなたに当てはまる勉強の計画をどんな能力が必要か考えて見て下さい。
英語の中でどんな分野の力を付けたいのかを明確にしてみましょう。

ノートを用意してあなただけの目標を書き出してみてください。

あなたが書いた目標の方があなたのこととして考えられて親しみ
やすいものとなるはずです。

目標と現状の比較をして分析してシンプルに課題を箇条書きにして
大きな文字でノートに端的にまとめてみて下さい。

あなたが優先したい技能が何かという事も浮かび上がってきます。

あなたが優先したい技能が何かということを明確にしてノートに
記録しておきましょう。

英語を学習し始めて何か悩むことがあった時そのノートを見返すと
ちょっとした目標の言葉にヒントがあります。

あなたの目標を書き出すのは簡単そうで意外とできない人もいます。

そんな時はシンプルにあなたがご自身で英語で何がしたいのかを、
まず考えて下さい。

あなたに合った学習プランを選ぼうという内容の記事でさらに詳しく
具体的な学習方法と勇気を改めて書きますので少しお待ち下さい。

リーディング友人からのメールを読めるようになりたい。

・仕事の仕事関係のメールが仕事関係のメールを読めるようになりたい。

・グランドキャニオンやナイアガラの滝などの観光先のウェブサイトを
読めるようになりたい。

・あなたの好きなミュージシャンや俳優のオフィシャルサイトを読めるようになりたい。

・洋楽の歌詞を読めるようになりたい。

・英字新聞を読めるようになりたい。洋雑誌を述べるようになりたい。

・ペーパーバックを読めるようになりたい。

・TOEICや英検などの資格試験の英語を読めるようになりたい。:

英語の学習法!リーディングについて考えて見ると目標を明快に

目標の書き方のヒントを考える癖を付けましょう。

目標を具体的にすることが大事だという事はいわれなくても承知のことと
思いますがやろうとすると簡単ではありません。

なかなか具体的な目標を立てるのは進まないのではないでしょうか?

例えば

「なんとなく英語ぐらいできたほうが将来役立つ気がする」

と漠然と考えている人は具体的な目標書き出しなさいと言われても
すぐには書けないでしょう。

そんな時には何となく将来に役立つような気がするととりあえず
そのまま書いておきましょう。

そうすれば自分には目標が曖昧なんだなと実感できますから、を具体的に目標を
考える機会となります。

この家具体的な目標を思いついたら付けたしていってください

英語のトレーニングの概要を端的に書きます。

リーディングのトレーニングは単語発音直読直解です。

単語は意味と発音を優先して覚えるのが効率的ですが余裕がない場合は
耳だけ最優先に覚えましょう。

加算・不加算さんの区別やニュアンス、例文はさしあたり不要です。

まず一般的に学習手順として3000から400語を覚えましょう。
次に6000から700語位覚えることを目標にします。

このくらい覚えれば辞書が使いながらであれば、英字新聞の簡単な
記事や仕事のメールなども理解できるようになります。

何語まで覚えるかはここまで覚えてから再検討するのがいいでしょう。

詳しい事は単語についての記事をフォーカスした記事を書きますので
それを読んでください。

文法は中学文法のほかに高校文法と構文が必要です。

と読みたい文章が簡単なものであっても一部難易度が高いのものが含まれている
ことがあるからです。

詳細な「中学文法」、「高校文法」、「直読直解」の記事を作成しますのでそれらを
読んでいただければ理解の助けになります。

直読直解は単語と文法が身に付いた後じゃないと無理だと考える人が多い多いようです。
しかし意識的にトレーニングをすれば学習の方立ことができます。

詳しくは直読直解の記事を作成します。これらのトレーニングを1カ月毎に切り替えて
約半年を目安に完成させる目標にしましょう。

その後の手順は直読直解の記事を作成しますのでこれを参考にしてください。

スポンサーリンク

最後に

直読直解は単語と文法が身に付いた後じゃないと無理だと考える人が多い多いようです。
しかし意識的にトレーニングをすれば学習の方立ことができます。

詳しくは直読直解の記事を作成します。これらのトレーニングを1カ月毎に切り替えて
約半年を目安に完成させる目標にしましょう。

単語と文法と直読直解の3つの要素をバランスを取るようにしましょう。

それでは、いかがでしたか?
英語の学習法!リーディングについて考えて見る3つの要素とは?
についてのまとました。
にぜひご参考にしてみて下さい 。

タイトルとURLをコピーしました