不動産投資で得られる利益、インカムゲイン、キャピタルゲインとは?

スポンサーリンク

こんにちは!高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。

今日は

「不動産投資で得られる利益、インカムゲイン、キャピタルゲインとは?」

について私なりの感想を書いてみたいと思います。

不動産投資で得られる利益って?インカムゲイン、キャピタルゲインって何?

不動産投資で、得られる利益の捉え方は非常に
重要な問題です。

あなたは、どのようの「利益」をとらえるべきだと思いますか?
こういう風にとらえればということを説明していきますね。

初めのうち分かりにくいもこんな利益についての考え方で
グッとわかりやすくなります。

インカムゲインとキャピタルゲインって何?

これは不動産投資から生じる利益について
整理しておきましょう。

不動産投資から得られる毎月の賃料だけでありません。

この不動産投資から得られる毎月の賃料を
インカムゲインとよびます。

ちゃんとしたボーナスも出るんです。

不動産投資でいうボーナスの売却益のことです。
不動産の売却益のキャピタルキャピタルゲインといいます。

もちろん昔と違い、不動産は買えば上がると
いう時代ではありません。

しかし、いい不動産を安く買えば売却の時に
ちゃんと利益が出ます。

でもこれはあくまでボーナスだということを
忘れないでください。

「はじめから売却益を狙って買うプロでも難しいです。だから、しっかり家賃収入の取れる物件を探すことが基本」

です。

先ほど説明したように

「毎月の賃料収入をインカムゲイン」

「買ったときに高く売却できたときの利益(ボーナス)の
ことをキャピタルゲイン」

といいます。

不動産投資の基本はインカムゲインをねらうことです。

不動産投資でのインカムゲインで毎月ゆとり生活が魅力です

毎月決まった額の賃料は入ることが不動産投資の
一番の強みです。

多少日本の景気が悪くなっても部屋を借りてくれる人が
いる限り、安定した定期収入が入ります。

「不動産投資は何よりもインカムゲインで稼ぐことが基本」

です。

しっかりと稼いでくれる選ぶことがすごく大切なことです。
正しく投資して不動産投資の醍醐味を味わいましょう。

「借主に出ていってしまったら次の入居者が
決まるまで賃料が入らない?」

これは誰もは不動産投資に対して抱く恐怖感です。

確かにインカムゲインは入居者からこそ入ってくる収入ですから、
空室が続くとちょっと厳しいですね。

しかし、借主は部屋を解約しても次の入居者がそのに
決まる対策がちゃんとあります。

入居者がすぐに決まる秘訣は別の記事で詳しく説明しますね。

インカムゲインの醍醐味をしっかりと堪能してください。


不動産投資でのインカムゲインの具体例、主婦の場合?

ここで、例を2人のお子さんをAさんは1人目のお子さんを
出産する時に会社を退職しました。

その時をおもいきって独身時代からコツコツ貯めてきた貯金と
退職金で投資用のマンションを購入しました。

物件は都心から程近い若い人に人気の駅から徒歩5分と
いう立地条件に恵まれた1Kのマンションです。

築年数は20年、販売価格は800万円でした。

これを最終的に750万に値切って購入したました。

家賃はこのあたりの相場はから月額7万5000円入ってきます。

この場合の毎月の収入は管理費・修繕積立金である1万円、
管理会社PMフィー

(家賃の5%と計算)3750円を引いて手取り毎月6万1250円の
お小遣いが入ることになります。

毎月6万1250円の自由なお金が入ることを考えてみると気分的に
楽になるのではないでしょうか?

A子さんは子育て中心の主婦です。

不動産収入があるおかげでずっと子供たちと一緒に時間を
過ごすことができます。

新婚さんだって独身の方だって不動産収入というちょっと
したお小遣いが入って気分や生活は豊かになりますね。

こういうちょっとしたリッチに暮らせることは
不動産投資の醍醐味です。

不動産投資で得られる利益、インカムゲイン、キャピタルゲインの具体例

例:月々の家賃収入の計算

家賃(7万5000円)-{修繕積み立て金+PMフィー+管理費(1万3750円)}=手取り(6万1250円)

※管理費はマンション全体を維持するための費用。
賃貸物件を維持するための費用です。

ここでは固定資産税などの税金は省略しています。

利回りの計算しかたは?

利回り○パーセントという言葉をよく耳にします。不動産投資で
利回りってどうやって計算するか?

では説明していきますね。

不動産投資の利回りは大きく分けると、次の2種類があります。

1、表面利回り(グロス):年間家賃÷不動産価格

2、実質利回り(ネット利回り):(年間家賃−管理費などの経費)/不動産価格

表面利回りは年間の家賃を不動産の価格で割ったものです。

一方実質利回りは、年間家賃から管理費や修繕積立金、固定資産税などの経費を引いた収益を不動産価格で割ったものです。

計算は表面利回りの方が簡単なので購入するときの
判断基準として一般的に

「利回り○パーセント」と言われているのは表面利回りのことです。

スポンサーリンク

最後に

不動産投資の目的は純利益を残していくことです。
純利益が残って初めて不動産投資目的を果たしたことになります。

いろんなシュミレーションやリサーチそれだけではなく
大家さん業の細かい気遣いも借りて下さる方が喜ぶこと。

それがあなたの生活に余裕をもたらしてくれます。

それでは、いかがでしたか?
不動産投資で得られる利益、インカムゲイン、キャピタルゲインとは?
についてのまとました。
にぜひご参考にしてみて下さい 。

※個人の意見です。投資判断はご本人の責任の下行って下さい。読者の方個々人の結果については責任を負得ませんのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました