障害者にいじめと金銭的自立、大人のいじめ未熟な大人たちどうする?


こんにちは!高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。

今日は

「障害者にいじめと金銭的自立、大人のいじめ未熟な大人たちどうする?」

について私なりの感想を書いてみたいと思います。

障害者にいじめと金銭的自立、現代では多彩な職種が生まれています

障碍者がうまく経済的自立って方法が難しい問題ですよね。

そんなデリケートな問題もこんな考え方でグッと問題解決がたやすくなります。

どういう考え方かというと会社に依存しない考え方です。
会社の中では必ず、障害が困難を生む場面が出てきます。

組織の中で生活するには、障害を許容してくれる組織を見つけるか、
インターネットを使いコミュニティーを作りビジネスをするかです。

簡単なことではありませんができなくはない状態までは社会が成熟したようです。

今ならまずはデザイン系のコンピュータープログラムとはどういうものかということから
実際にフリーランスで仕事を問うところまでちゃんと道のりができています。

つまり国の援助を当てにしたりと親の資産を当てにしたりせずとも真面目に自分が一人前に
なろうと思えば大変かもしれないができる可能性が出てきたのです。

それと、時を同じくして自分たちと同じ状況に置かれていると思っていた一般の社会人が
学校という閉ざされた空間の中でとんでもないことをしでかしました。

それには一緒に非常に痛みを伴う私や、あなたがそういうことを環境次第でしてしまう。
ということを認めないことには始まりません。

最近は情報は溢れていてブログのデザインのプログラムなどは
ネットの中に無料の学習講座があります。

そこでもっとすごいのは独力で1本立ちできるほど内容が無料で
学べるってすごい時代になったものです。

独学で。1本立ちできるプログラミング学習講座があり知識を
得られるということです。

私は体の悪く普通に働くことが難しいのです。
私にはコミュニケーションの不全もあります。

またある人は障害を克服しなくても幸せでいられるひともいますし
広い世間の中でを金に強い恐怖感をもたず充実した生活を送る人がいる。

手に職がつきプログラム学習サイトの学べてプログラミングが
出来ると転職が決まることもありえます。

それは障害者の夢とも言える自立、経済的自立に繋がります。

障害者がお金がないために豊かな日本でどれだけ不安を抱え生きるか?

お金がない事を考えるだけでも、大変なストレスになります。
心を踏みにじられたと感じている気持ちで暮らすことになります。

なかなか健常者にはつまり一般の人ということですがわかりにくいかも知れません。
それは客観的に見れば周囲の人たちと私がお互いに問題があったいえることが多い。

スポンサーリンク

障害者にいじめと金銭的自立、大人のいじめ未熟な大人が社会の中核に

しかし、周囲の人たちは私と関わるのはほんの短い時間です。
ですが私は非常に近い人たちと関わるのは日常一生の事といえますね。

私は周囲の人たちは極悪人だ。

と言いたいのでは有りません。

以前から心理学でいう語られるようにどんな善人でも人はボコボコにできる。
人は誰でも極悪人になること悲しく恐ろしい存在だということです。

この記事を書いている最近学校の教師には若い教習をまるで子供のようにいじめられる。

という事件が起きました。

後輩教師をを子供のようにいじめたという話はがいじめた彼らは、
化け物でもある化け物でもなんでもなく普通の教師だった。

十分な成熟ができず未熟なまま中年の男女に立ってしまった子供がいる。

追ういう大人がいるということを認められている人たちが、
あまりにも少ないのに驚きます。

つまり彼らは私やあなたと同じ人間のです。

未熟だという点は違いますが環境が与えられれば誰しもあそこまで。ひ
どいことをしてしまう可能性がある。

それがあの事件の教訓だと思います。

一番の恐怖であり一番の教訓だと思います。

いじめ、お金、そういう物があるそういうものはある。

そういうものと障害者は一説に密接に関わり合い1年のきわどい始まります。

それでなくとも障害者は自分の中にいつも際どい負傷。いつも際どい発症、
きわどい橋を渡ってきたと言っても過言ではないでしょう。

じつは、これは普通の人にも言えることです。

普段歩くときはそのきわどい橋から落ちる元気な方もいます。
突然。理不尽に命を落とした人もたくさんいます。

様々なトラウマから来るひきこもりの状態になったような人もいます。

スポンサーリンク

障害者にいじめと金銭的自立、現代では多彩な職種やいろんな可能性を探せます

その中で社会が変わっていきひきこもりが起こってくる事はある程度
予測をして受け入れられる柔軟な人もいます。

変化を一気に受け入れなくてはならない大前提として慣れなくてはならない。

受け入れるなれなくてはならないということに気づくべきです。

その代わりに引きこもって他人とコミュニケーションが取れなくても完全では
ないとして社会人ちゃんと貢献することはできる。

金銭的な面だけで言えばむしろそういうハンディを背負ったからこそ大きな影響力を
持つ事もいるかもしれないという可能性が出てきている。

それが簡単なことでないにしても40年ほど前20年ほど前よりは可能性と
いうもがあるだけでも随分楽になったと感じます。

東京を中心に大都市圏はずいぶん楽になりました。

それら全ての年代を通して人間は感じているのではないでしょうか?

私は10数年ほど前実際にプログラミングをやったことのある私はCADやCGなどの、
コンピューターでもデザインを学ぶ職業訓練校に職業訓練校在籍していました。

何とか経済的な自立を果たしたいと思っている私です。

最後に

身体障害者に対してだけではなく一般に対人関係に関しても言えることがあります。

恐ろしいことながら人は聖者のようにも悪魔のようにまれる弾力は柔軟性があるということ
そしてその柔軟性を上手くんコントロールしていかないと自ら自分の環境を破壊してしまう。

ということをよく理解していなければならないというものすごく大きな
いい意味を持ち試練の時立っています。

それでは、いかがでしたか?
子供が食事中にこぼす、汚したときの3つの対応策とは?
についてのまとました。
にぜひご参考にしてみて下さい 。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする