クリスマスのオーナメントの新作は? 2016

クリスマス
スポンサーリンク

こんにちは!高垣です。
この記事を読んで頂きありがとうございます。
 
 

クリスマスオーナメントとは何のことで、
しょうか?
 
 

クリスマスによく見られますね。
 
 

クリスマスツリーにつける飾りの
ことなんですね。
 
 
手作りのクリスマスオーメントなどはこちら
 
 

クリスマスツリーにつける飾りといえば

 
 

クリスマスといえばやっぱり靴下
主流ですね。
 
 

クリスマスオーナメントとして靴下は、
代表的なものです。
 
 
これはサンタクロースが貧しい家に、金貨を、
投げ入れた時に靴下の中に偶然それが入ったと、
いうことから靴下をクリスマスに飾るという
ことが定番となったみたいです。
 
 

ステッキやクリスマスツリーともに、
飾りになっていますよね。
 
 

このステッキは、羊飼いの必需品だったと、
いうことで飾られていました。
 
 

羊飼いステッキの、曲がったところうまく
つかってを連れ戻すそうです。
 
 

このことから杖はが助け合いを象徴していると
いうことです。
 
 

クリスマスイルミネーションの由来は?

 
 

ライトも、重要なクリスマスオーナメントの
ひとつですね。
 
 

やっぱり、クリスマスのツリーの飾りと、
いえばライトです。
 
 

これは扶養照らす光を意味しておりキリストが、
その象徴であることからクリスマスツリーにも、
光を飾るようになりました。
 
 

ちなみに、クリスマスイルミネーションはある
牧師さんツリーの合間から見える星の美しさに、
感動しクリスマスのろうそくによって再現したことが、
始まりだといわれているんですよ。
 
 

また、これらの物は主にオブジェとはどう違うの
でしょうか?
 
 

オブジェとは、ツリーのディスプレイに使う商品を、
イメージづけるかなりのものだと思います。
 
 

それともモチーフのことだと勘違いされがちですが
モチーフとディスプレイのテーマは言ってるでは、
ありません。
 
 

小道具のことではありません。
 
 
クリスマスオーナメントって、
用語の使い方がよくわからない
ですね。
 
 

キリスト教の知識がないと飾り装飾のことの様に、
感じてしまいますね。
 
 

オブジェと、いうと「もの」、物質ですね。
本来、アート関係の用語です。
 
 

オブジェクトモチーフは、「主題」です。
 
 
「オブジェクト」は飾りなど自体で、
「モチーフ」は全体のイメージといえば
分かりやすいでしょうか?
 
 

それぞれ別のものですね。
 
 
しかし一般的にはほとんど同じと、
理解されていると思います。
 
 

お店のディスプレイに限らず使います。
 
 

デザイン美術館系ではモチーフやテーマ、
「主題」が決まったら材料を調達して、
デコレーションを飾り付けをします。
 
 

そこで使う共通性のある飾りが、
完成していきます。
 
 

クリスマスオーナメントの種類は?

クリスマスツリー全体に意味があると、
思います。
 
 

それが店頭であればディスプレイと、
呼ばれます。
 
 

クリスマスツリーの飾りに込められた意味を、
まずどのクリスマスツリーでも見かける一番
下の上にある星なのですが捕手はベツレヘムの
星を意味しています。
 
 

ベツレヘムの星とは、キリストが誕生した時に、
輝いた星のことで輝きや賢者、また希望という
意味で使われています。
 
 

次はベルですね。
 
 

クリスマスツリーに欠かせないアイテムとして、
ベルもありますね。
 
 

これはキリストが誕生したことを知らせるための
ベルで喜びのベルとも言われていたり迷子にならない
ように家畜のヒツジにつけていたベルを意味するとも
言われています。
 
 

クリスマスツリーですが、クリスマスツリーの木に、
どうして常緑樹が使われるのは、多いです。
 
 

これにも理由があり冬でも緑があり葉が落ちないと、
いうことから永遠の命の象徴になっているのです。
 
 

また、クリスマスの飾り上に登場するヤドリギや、
柊木ポインセチアには邪気祓いの意味があります。
 
 

何気なく綺麗だからという理由で飾りつけして
いましたけれど一つ一つの飾りには全て意味が、
あったんですね。
 
 

クリスマスツリーのモールの意味は
クリスマスツリーの飾りの一つに
モールがあります。
 
 

クリスマストリーの周りにはキラキラした
長い飾りがぐるぐると巻かれていますが
あれがモールです。
 
 
それでは、以上で
クリスマス オーナメント 新作 2016
についてのまとました。
 
 

最後まで、
読んでいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました